〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4丁目4-9 淀屋橋東洋ビル3階 株式会社オフィス89

受付時間
10:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

090-8572-1521
050-5370-0464

安全・品質トラブル解消

【安全・品質活動】

 ・ 安全事故「ゼロ」目標推進

 ・ 品質事故「ゼロ」目標推進安全(交通事故・作業事故)品質(商品事故)について

 ・ まず、事故がなくなる「ゼロ」は無理であり、人は必ず「ミス」をすることから考える必要がある。

 ・ 「ミス」を減らす方法からスタートする。

 ・ その為に、今、起こったことを分析する。

  「いつ」「どこで」「なにが」「起こった」「結果どうなった」のデータを用意する。

 ・ 大事な点は、「事実」だけが必要であり、その為のトラックに用意してある設備からの情報を確認する。(デジタコ・ドライブレコーダー他等)

 ・ 追突なら前の車との距離、スピードであり、「うっかり」「止まっていると思わなかった」など想像は不要。

 ・ 事実は前を見ていなかっただけであり、「なぜ前を見ないで運転しているか」が問題。

 ・ 管理者が、最初から「このドライバーはダメだ」の先入観で判断して、

  内容をよく聞かず、管理者の判断で結論を導くケースが多いのでは?

 ・ きれいな「事故報告書」を作成するのが目的になっているのではないか?

 ・ ヒヤリング結果と分析結果から、「重要度」「緊急度」「当該者ができること」「当該者ができないこと」の採点をつける。

 ・ 例えば、上期で10件の交通事故、12件の商品事故が発生するとして、

  その中で交通事故「バック事故5件」「追突3件」「・・・で2件」とする。

 ・ そのうち、「バック事故」を減らしたいとするなら、その「バック事故」を更に細かく「原因」を「分析」をする。

 ・ 「対策」として、必ず降りて「目視」で確認をする「対策」とするならば、ドライバー全員に文書と口頭で「必ず降りて自分の目で確認する」と決める。

 ・それで、会社の「ルール」が決まり、雨でも夜でも急いでいても「降りて自分の目で確認する」

 ・「ルール」が定着すると、それを作業標準とする。

 ・その積み重ねだけが「事故」を減らせる道であり、するべきことの数が1,000個あっても、会社が存続するなら、対策を1個ずつ積み重ね、かつその活動をやめることなく、継続するしか方法はない。

 ・管理者があきらめずに、根気よく「言い続ける」「活動し続ける」のが管理者の仕事であり、それ以外の仕事はない。

 ・管理者でよく言うのが、「いいました」「していると思います」が最悪の管理者で、必ず自分の「言葉」「目」で確かめて「確かにしていました」が大事なポイント。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

090-8572-1521
050-5370-0464

<受付時間>
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/06/30
ホームページを公開しました

株式会社オフィス89

住所

〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町4丁目4-9
淀屋橋東洋ビル3階

受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日